汚れている窓の掃除方法|窓掃除をする時に押さえておきたい大切なコツって?

窓 掃除

「部屋の掃除やよくやるけど、窓の掃除はしたことがない……」なんて方、多いのではないでしょうか?遠目ではあまり汚れていないように見えても、よく見ると実はかなり汚れているかも。そこで今回は、実はかなり汚れている窓の掃除方法や、窓掃除を行う上で大切なコツを伝授いたします!

窓が汚れる原因とは?

窓 汚れ 原因
そもそも、窓ガラスはなぜ汚れてしまうのでしょうか?
窓は屋内と屋外それぞれに面しているため、それぞれ汚れ方も違うはず。
ここからは、窓が汚れる原因についてみていきましょう!

【内側】ホコリ

まずは内側の汚れから確認していきましょう。
一番の汚れの原因は、ホコリです。
平らであったり傾斜がある以外、ガラス自体には付着しません。
しかし、持ち手や縁など、窓の形状上出っ張っている場所に溜まっています。
さらに、持ち手や縁は結露する場所でもあるため、そのまま放置しているとやっかいな汚れに変貌してしまうかも……。

【内側】手垢

お子様がいる家では特に起こりやすい汚れです。
手から発生する汗や皮脂により、窓ガラスに跡がついてしまうことが原因です。
こちらも、放置する時間が長ければ長いほど落ちにくい汚れとなってしまうため、見つけ次第すぐに掃除をする必要があります。

【外側】水垢

次は外側に付着しやすい汚れについて確認していきましょう。
一番の原因は水垢です。
主に雨が降った際の水滴がそのまま窓ガラスに残り、それが放置されることによってできてしまうことがほとんどです。
こちらの汚れも見つけ次第掃除をすることが好ましいですが、窓によっては掃除が難しい箇所もあるため、掃除の際は注意が必要です。

【外側】排気ガス

道路沿いに面している窓であれば、特に汚れが溜まりやすいであろう排気ガス。
こちらは、付着することにより黒ずんでしまいます。
特にサッシやパッキンは掃除が難しく、一度放置すると手がつけづらい状態へとすぐに変貌してしまします。

【外側】花粉

最後は花粉です。
花粉が付着すると、水滴のような形に白い粉が付着します。
また、黄砂と混じってしまうこともあり、何気なく乾拭きを行ってしまうとガラス自体を傷つけてしまう可能性もあります。

窓の掃除方法は?

窓 掃除 方法
ここまでは、窓が汚れる原因について見てきましたが「掃除はどのように行えばよいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか?
ここからは、窓の場所別の適切な掃除方法についてみていきましょう。

内側のガラス

外側に比べ内側の窓ガラスの汚れは落ちやすく、特別な掃除方法も必要ないため、さくっと終わらせてしまいましょう。

①ハンディークリーナーでホコリを隅々まで取る
②タオルや雑巾を濡らし、ガラス、縁に至るまで満面なく拭く
③先程拭いたところを、乾拭きする

以上で終了。

補足
ホコリを掃除しないまま水拭きを行うと、かえって手間が増えるため、ホコリ除去は念入りに行いましょう。

外側のガラス

外側のガラスの掃除は、効果的なやり方があるのをご存知ですか?
それは、雑巾の代わりに新聞紙を使うことです。
新聞紙を使うことで、雑巾よりも細かな汚れが除去しやすいのです。
なおかつ艶出し効果もあるため、掃除後は鏡のようになっているかも!

①濡らした新聞紙で円を描くように拭く
②スクイージーを使い、拭き残しを除去
③新聞紙で乾拭きをする

スクイージーは均等に汚れを除去することができるため、窓掃除にはうってつけです。
ホームセンターはもちろんのこと、100円均一でも購入することが可能です。

網戸

一見掃除がめんどくさそうな網戸ですが、実は意外と簡単。
内側、外側それぞれからペーパーモップで強めにこすることで、簡単に汚れを取ることができます。
細かな隙間に挟まった汚れは、綿棒や爪楊枝で取り除きましょう。

注意
網戸は負荷をかけすぎると破損する恐れがあるため、十分な注意が必要です。

サッシ

サッシには、砂や埃が水に濡れて粘土状になった汚れが多く溜まってしまいます。
この汚れを綺麗に除去するためには、掃除の手順が重要です。

①歯ブラシを使って、粘土状の汚れを取る
②中性洗剤と水を混ぜた液体を、サッシに流し込む
③残りの汚れはウエットティッシュで拭き取る
④雑巾やティッシュで乾拭きをする

窓掃除のコツ

窓 掃除 コツ
ここまで、窓の掃除方法についてご説明してきましたが、掃除方法以前に、窓掃除を行う際に大切なコツがあることをご存知ですか?
これを知っておくことで、窓掃除がより楽になるかも。
ここからは、窓掃除をするにおいて、大切なコツをみてきましょう!

素早く行う

これは窓掃除を行う上でとても重要なことです。
水で濡らしている最中に、埃や砂などの汚れが付着してしまうと、かえって汚れの原因になってしまいます。
その場合、通常の汚れよりも落としにくくなってしまうため、窓掃除は素早く行いましょう。

曇りの日に行う

なんで?と思った人も多いと思いますが、これには理由が2つあります。

①曇りの日は、晴れの日に比べ湿度が高いため、汚れが落ちやすくなる
②日差しがないため、汚れている箇所が把握しやすい

これらメリットの恩恵を受けるためにも、窓掃除は曇りの日に行いましょう。

重曹・クエン酸を使う

水武器や中性洗剤では落ちない汚れには、重曹を使うのが効果的です。
特に、クエン酸にはカビの除菌効果もあるため、予防のために使用するのも良いでしょう。

自分で窓掃除ができないにはココナラミーツ

窓 掃除 代行先
ここまで窓の掃除方法について確認してきました。しかし「数が多くて全て掃除するのは大変……」や「なかなか汚れが落ちない……」なんて方も多くいるはず。
そんな方はココナラミーツで掃除のプロにご依頼してみてはいかがでしょうか?
ココナラミーツは、掃除のプロが多数在籍しているのはもちろんのこと、ユーザーのプロフィールを通じて料金、依頼の流れや作業工程、時間など業務に関する情報が全て分かるため、初心者でも安心してご依頼いただけます。

窓全体のお掃除をお求めの方へ!

“☆ハウスクリーニング士が窓、冊子、網戸を綺麗に致します☆”

窓掃除以外の掃除もお求めの方へ!

“日常の掃除、洗濯”

網戸の張替えをお求めの方へ!

“網戸張替サービス”

窓の掃除で、日々の生活をより快適に

窓 掃除 まとめ
心を映し出す鏡と言われる窓。だからこそ日々の掃除は必要不可欠。
それがむずかしい方は、ココナラミーツで掃除のプロに依頼してみましょう。
日々の生活が、より快適になること間違いなしですよ。