バースデーフォトはココナラミーツが安い!おしゃれな写真を撮影するコツ

バースデーフォト 安い

子供の誕生日、特別な1枚を残すために写真館やプロカメラマンに依頼したい……と思っても、意外と費用が高いですよね。では、安い価格でバースデーフォトを撮影するにはどうしたらいいのでしょうか?今回はバースデーフォトを撮る方法と、安い撮影でもおしゃれに撮るコツをご紹介します。

安い価格でバースデーフォトを撮る3つの方法

バースデーフォト 安い

子供の誕生日、記念として素敵な写真に残したいけど、あまりお金はかけたくない。
そんなときには、安い価格でバースデーフォトを撮影する方法を考えてみましょう!
ここでは3つの撮影方法とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

自分のスマホやカメラで撮影する

1つめの方法は、パパやママが普段やっているように、自分のスマホやカメラで撮影すること。
手持ちのスマホやカメラなら撮影費用は0円です!

メリット
  • 価格を抑えられる
  • 好きなタイミングで撮影できる
  • 撮影データを自由に使える

うまく撮影できるかどうかは、子供の機嫌に左右されることも多いもの。
子供がご機嫌なとき、寝ているときなど、周りを気にせずいつでも好きなタイミングで撮影できるメリットは大きいですね。

また撮影したバースデーフォトは、SNSに投稿したり、おじいちゃんおばあちゃんに共有したり、プリントしてアルバムにしたりなど、自由に使えるのも意外とポイントです。

デメリット
  • スマホやカメラによっては画質が悪い
  • プロ仕様の仕上がりには期待できない

一般家庭で使われているカメラは、やはりプロが使うカメラと比べると品質が落ちてしまいます。
また構図や一瞬の表情など、素人がプロ仕様の仕上がりにするのは、どうしても難しいですね。

josa
日常写真は手持ちのスマホやカメラで、「ここぞ」というときはプロに依頼……が一番間違いありません!

個人のカメラマンに依頼する

プロカメラマンは、個人で活動している人、写真館や組織などに所属している人の2つに分類されます。
個人のカメラマンに依頼したときの費用は3000円から
高くても2万円前後で依頼できる場合が多く、予算に合わせて価格を抑えられますよ。

メリット
  • 価格を抑えつつクオリティは高い
  • 臨機応変に対応してもらえる
  • 子供もリラックスして撮影できる

個人だからこそ、安い価格で高いクオリティの写真を撮影してもらえます。
子供が泣き出したら泣き止むまで待ってくれたり、一緒にあやしてくれたりなど、臨機応変な対応も嬉しいですね。
また写真館のように大掛かりなセットや見知らぬ大人に囲まれることもないので、子供も終始リラックスでき、自然な表情を引き出せるでしょう。

デメリット
  • 衣装やセットは自分で用意する必要がある
  • 仕上がりはカメラマンの腕に左右されやすい

子供に衣装を着せたり、おしゃれなセットの中で撮影したりしたいとき、個人カメラマンだけでは対応しきれません。
またバースデーフォトの仕上がりはカメラマンのスキルに左右されやすいことも、個人カメラマンに依頼するときの懸念点でもあります。

josa
依頼前にしっかりポートフォリオを見せてもらうようにしましょう

こども写真館で撮影する

『スタジオアリス』などこども写真館で撮影するときの費用は、少なく見積もっても1万円から。
カット数を増やしたり、アルバムを作ったりするとさらに費用がかさんでいきます。

メリット
  • 衣装の貸し出し有り
  • セットを利用した楽しい撮影ができる
  • 安心のハイクオリティ

やはり写真撮影に必要なものが揃っているこども写真館は、安心して撮影を依頼できることが最大のポイントです。

デメリット
  • 撮影+アルバム代などで料金がかさみやすい
  • セットに緊張する子供がいる
  • 子供がグズると時間がかかる

「子供のためだから」とオプションを追加していると予算をオーバーしがちに。
また写真館では時間制限はありませんが、グズっている間もその衣装・セットを占領している状態。
スタッフや他のお客さんに迷惑がかかるのが気がかり、というパパママもいるでしょう。

josa
親心もあると思いますが、浮いたお金・空いた時間を誕生日ケーキや家族の交流に使ってあげた方が、子供も喜ぶかもしれません!

安くてもおしゃれなバースデーフォト撮影のコツ

バースデーフォト 安い

安くバースデーフォトを撮影するには、次の2つの方法がおすすめ。

  • 自分のスマホ・カメラで撮影する
  • 安い個人カメラマンに依頼する

ただ、どうしてもクオリティが心配な人も多いでしょう。
そこで、安くてもおしゃれでハイクオリティなバースデーフォトを撮影するコツをご紹介します!

子供がご機嫌なタイミングで撮影する

子供はカメラの前でじっとしていられない生き物。
ポーズをとってくれるならまだしも、泣いたり暴れたりされると、思ったとおりの素敵な写真を撮れませんよね。

そこで、バースデーフォト撮影はできれば子供がご機嫌なタイミングを狙いましょう!

特に午前中、お昼寝から起きた後、ご飯やおやつを食べた後は、比較的ご機嫌になる子が多いです。
逆に不機嫌なタイミングは夕方、おなかが空いているとき、眠いとき。
普段子供を見ているパパやママなら子供のご機嫌なタイミングがわかるはずなので、その時間に合わせて撮影をしてみてください!

josa
子供の機嫌を取るための、お気に入りのおもちゃやおやつもあると安心ですね!

装飾アイテム・小物・衣装を用意

おしゃれなバースデーフォトを撮るなら、装飾アイテムは必須!
家の中をバルーンやガーランドで飾ったり、子供に可愛い衣装を着せたりすると、映えた写真を撮ることができます。

バースデーフォト 安い

ただし、自宅での撮影はどうしても生活感が出てしまうもの。
かといって家具などは動かせないので、どこか壁際の一角だけでも撮影スペースにして飾り付けるのがおすすめです!

撮影スペースに子供を立たせれば、モデル気分でご機嫌にポージングしてくれるかもしれませんね。

背景ボケでやわらかく明るい雰囲気に

素人でもプロ並みのクオリティを出したい人は、ぜひ背景ボケの撮影に挑戦してみてください。
背景をボケさせることで子供に視点を集中させ、プロっぽい写真になります。

バースデーフォト 安い

背景ボケ撮影をするには、次のようにカメラを設定しましょう。

デジカメ設定

  1. 絞り優先モード(A、Av)に設定
  2. F値を小さくし、絞りを開く
  3. 望遠レンズ近付いて撮影
スマホ設定

    1. ポートレートモード
  1. 少し離れ、ピントを合わせて撮影

加えて、光の当たる場所で撮るか露光量を増やすことで、明るくやわらかな印象に仕上がりますよ。

撮りたいショットを事前に決めておく

真上からのショット、寝顔ショットなど、撮りたいショットを事前に決めておきましょう!
当日いきなり撮影に臨むと「どの角度で撮ろう?」と悩んでいる間に、子供が飽きてしまうためです。
「バースデーフォト」と調べるとネットやSNSからおしゃれな画像がたくさん見つかるので、保存してまとめておくといいですね。

撮りたいショットを決めておくことで、カメラマンに依頼するときもスムーズ。
カメラマンも希望を伝えてもらった方が撮影しやすいのです。

【1万円以下】安い価格でバースデーフォト撮影を依頼するならココナラミーツ!

バースデーフォト 安い

1万円以下で、子供の一大イベントを素敵な写真として残せたら嬉しいですよね。
ココナラミーツでは個人で活動しているカメラマンが多数出品しています。

個人だからと侮ることなかれ、そのスキルや写真クオリティも高く、安心して依頼できるのがポイント。
ここでは、1万円以下(交通費別)で出張撮影を依頼できる出品者をご紹介します!

子供の今しかない瞬間をバースデーフォトにおさめよう!

大切な「今の瞬間」を永遠に残しませんか?

自宅で撮影するバースデーフォト!大切な記念日を残そう

お子さまの記念さつえい

赤ちゃんの誕生をニューボーンフォトで写真撮影!

ニューボーンフォト撮ります

赤ちゃんと一緒にパパママも写真に残ろう!

出張撮影・カメラマン ニューボーンフォト・出生撮影します

依頼手順

手順①:依頼する人を探す
ココナラミーツで依頼する人を決めていきましょう。
予算、地域、プロフィールから選ぶことができます。
また、依頼する前に、出品者と無料で質問・相談のチャットができます。
条件を確認したり、あなたの希望を伝えてみてくださいね。

手順②:予約リクエストを送る
依頼する人が決まったら予約リクエストを送りましょう。
チャットルームで日程調整を行い、予約日時が確定したら予約完了です。

手順③:サービスを体験する
事前に約束した場所で待ち合わせをして、サービスを受けてください。

安いバースデーフォトでもココナラミーツならハイクオリティ!

バースデーフォト 安い

ココナラミーツでこれだけお得に撮影を依頼できる理由は、プロカメラマンでも技術磨きや練習の意味も込めて出品しているためです。
だからこそ、安い価格でもプロ仕様のハイクオリティな写真を撮ってもらえるんですね。

バースデーフォトでおしゃれな写真を残したいパパやママは、ぜひココナラミーツを活用してみてください!

ABOUT US

アバター
josa
フィリピン生まれ日本育ちのミレニアル女子。事務員時代にマーケティングと心理学を知りどハマりした結果、気付けば会社の業績が上がっていた。現在はフリーランスライターとして活動中。得意ジャンルはビジネス、恋愛、心理学。好きなものは映画とインスタ映え。