スマホで手持ち花火の写真をキレイに撮るコツとカメラマンに依頼するメリット

手持ち花火 写真

花火をする機会が増える夏はもちろん、その他の季節でも人気の手持ち花火。スパークが弾ける様子は、パーティなどで写真映えしますよね。そこで今回は、手持ち花火を撮影するときのコツを解説します!自分での撮影が難しい人は夜の撮影が得意なプロカメラマンもご紹介するので、おしゃれでハイクオリティな写真を撮ってみましょう。

手持ち花火の写真を撮影するポイント

手持ち花火 写真

手持ち花火の写真を撮ろうとすると、ほとんどの人が「ブレて写る」「煙で見えない」といった失敗を経験します。
手持ち花火の撮影が難しい理由は、主に次の2つです。

  • 夜に撮影する
  • 光って動いているものを撮影する

写真を撮るとき、カメラは光を取り込みます。
しかし手持ち花火は光の少ない夜に撮影することが多いですよね。
またスパーク自体が光を発しているものの、その光は動いており、動くものを写真に捉えるのは難しいのです。

そこで手持ち花火を撮影するときには、フラッシュを使わないこと、そしてシャッタースピードを遅くすることがポイント!
フラッシュを使うと花火の光が見えなくなってしまうためです。
そして夜間でも十分な量の光を取り込むために、シャッタースピードを遅くして撮影しましょう。

手持ち花火をスマホで撮影する方法

手持ち花火 写真
Josa
上記のポイントを押さえて、手持ち花火の写真をスマホで撮影する方法をご紹介します!

綺麗に撮影するための準備

スマホでも手持ち花火をキレイに撮影するには、事前に準備や設定をしておくことが大切。
いきなり撮影せず、次の3つの準備・設定を済ませておきましょう。

  • 手ブレ防止のためにスマホを固定
  • フラッシュはOFF
  • HDRモードはOFF

HDRとは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)といって、明るさの違う複数の写真を自動合成することによって、明るくキレイな写真を撮るモードのこと。
逆光や暗い場所での撮影に使われますが、手持ち花火の場合は「暗さ」で「スパークの明るさ」を際立たせるため、ここではOFFにしておきます。

もし夜景モードや高感度モードがあれば、そちらのモードに切り替えておくといいですね。

ピントを合わせてズームはしない

スマホを三脚などで固定したら、手持ち花火にピントを合わせましょう。
スパークが散っているとなかなかピントを合わせづらいですが、このときは大体でOK。
花火を持っている人の手や背景にピントが合わないように、うまく調整してみましょう。

またアップの写真を撮るためにズームをしたくなりますが、スマホはズームをすると画質が粗くなってしまうため、あまりおすすめできません。
あらかじめ花火に寄っておくか、引きの写真を撮ってからトリミングした方がキレイな写真になります。

シンプルな構図にして手持ち花火を撮影

きちんと準備をして、ピントを合わせたら、あとはシャッターを押すだけ!

あれ?思っていたよりおしゃれな写真にならないな……

その理由は、背景がダサくなっているからかもしれません。
手持ち花火を撮影するときは、背景は夜の色(黒や紺)を活かしたシンプルな構図の方がよく映えます。
背景に消火用のバケツが写ったり、サンダルが写ったりすると生活感が出てしまいますよね。
人を写したいときには、上からだと手持ち花火が見えないため、正面もしくは斜め下から見上げるような構図がおすすめ。

手持ち花火のスパークはパチパチとはじけているので、たくさんシャッターを押しまくることもポイント。
何枚も撮った中にベストショットが見つかるはずです!

花火アート・花火文字の撮影方法

手持ち花火で丸やハート、文字などを書く「花火アート」「花火文字」も人気!
ただ、スマホで花火アートを撮影するには、長時間露光やバルブ撮影ができるアプリが必要です。

バルブ撮影とは、長時間(30秒ほど)シャッターを開くことで、花火やライト等の軌跡をとらえる撮影方法のこと。
すると花火の光が尾を引くような写真(=花火アートや花火文字)が撮れます。

バルブ撮影ができるアプリには『夜撮カメラ』『Instant X』などがあるので、ぜひダウンロードして使ってみてください!

手持ち花火の思い出をカメラマンに撮ってもらうメリット

手持ち花火 写真
スマホで手持ち花火を撮ってみたけど、なかなかうまく撮れない……

手持ち花火の撮影に四苦八苦している人は、思い切ってプロカメラマンに依頼してみてはいかがでしょうか?
プロカメラマンであれば、素人より確実にクオリティの高い写真を撮ってくれるはず。
自分が被写体になれますし、カメラを勉強したい人はその場で手ほどきを受けられるかもしれません。

多少費用はかかるものの、その費用以上の価値があります。
ここでは、プロカメラマンに手持ち花火の撮影を依頼するメリットを3つご紹介しましょう!

手持ち花火の撮影は難しい

上記でスマホを使った手持ち花火の撮り方を解説しましたが、実際にやってみるとわかる通り、手持ち花火の写真撮影は思っている以上に難しいものです。

性能の高いデジカメや一眼レフを持っていれば素人でもそれなりの写真が撮れますが、スマホだとどうしても制約が多く、コツやテクニックが必要。
とはいえ、新しいカメラを買うのも出費が痛いですよね。

  • ただ手持ち花火の写真が手元に欲しい
  • カメラを本格的に始めるわけではない

という人は、プロカメラマンに撮影を依頼してしまった方が早く、コスパも良いです。

仲間と一緒に写れる

友達との花火やBBQ、パーティなどで登場することの多い手持ち花火。
手持ち花火を持ったまま自撮りすることは難しく、その思い出を写真に残すためには誰かがカメラマン役をしないといけません。
これでは、誰かが一人欠けた写真になってしまいます。

仲間と一緒に手持ち花火を持って、楽しんでいる様子を写真に残したい。
そんな人もプロカメラマンに依頼してしまいましょう。
別にカメラマンがいることで、BBQやパーティを全力で楽しめますし、仲間との思い出作りもスムーズになりますよ。

クオリティの高い写真を残せる

プロカメラマンに依頼する最大のメリットといえば、やっぱりプロにしか出せないようなクオリティの高い写真を残せること!

スパークの動きを捉えたり、背景をぼかしたり、夜間に合う露光度に調整したりと、同時にいろいろな要素を考えないといけないのが写真撮影。
経験を積んでいるプロカメラマンなら自然にできることばかりなので、安心して撮影をお任せできます。

個人用、インスタ用にはもちろん、商用にも使えるようなハイクオリティかつおしゃれな写真を撮りたい人は、ぜひプロカメラマンを探してみましょう!

手持ち花火の写真を撮ってもらうならココナラミーツ

手持ち花火 写真

ココナラミーツに出品しているカメラマンは、昼間の撮影はもちろん、夜間の撮影を得意としている人もたくさんいます。
夜景はもちろん、手持ち花火を使った動きのある撮影も可能!
友達との日常やパーティのひとコマなど、撮影が難しい手持ち花火をキレイに、おしゃれに撮ってもらいましょう。

ここでは、ココナラミーツから出張撮影に対応しているカメラマンを5人ご紹介します。

被写体になりたい人に!メイクも依頼できるカメラマン

SNSアイコン、カップル撮影、ポートレート撮影お手伝いします

夜景や手持ち花火も楽しくキレイに写真撮影!

楽しく素敵なポートレート撮影

印象の良い写真撮影でSNSアイコンやプロフィールにも◎

ポートレート写真を一眼レフで撮ります!!

経験豊富なカメラマンに手持ち花火の写真を素敵に撮ってもらおう

素敵なポートレートを創りましょう!

ナチュラルなテイストで記憶に残る写真撮影

ポートレート・スナップ撮影 個人さま向け 土日祝日限定

依頼手順

手順①:依頼する人を探す
ココナラミーツで依頼する人を決めていきましょう。
予算、地域、プロフィールから選ぶことができます。
また、依頼する前に、出品者と無料で質問・相談のチャットができます。
条件を確認したり、あなたの希望を伝えてみてくださいね。

手順②:予約リクエストを送る
依頼する人が決まったら予約リクエストを送りましょう。
チャットルームで日程調整を行い、予約日時が確定したら予約完了です。

手順③:サービスを体験する
事前に約束した場所で待ち合わせをして、サービスを受けてください。

手持ち花火の写真を撮るならプロカメラマンが頼りになる!

手持ち花火 写真

素人が手持ち花火を撮影しようとすると、ブレたり煙で見えなくなったりと、苦労することの方が多いかもしれません。
手持ち花火の撮影にはそれほどコツが必要なのです。

もし自分が被写体となって撮影してほしい場合には、友達や知人に頼むよりもプロのカメラマンに依頼した方が確実。
花火や夜景の撮影に慣れたカメラマンなら、手持ち花火も、そして被写体であるあなたもキレイに撮ってくれるはずです。

ABOUT US

アバター
josa
フィリピン生まれ日本育ちのミレニアル女子。事務員時代にマーケティングと心理学を知りどハマりした結果、気付けば会社の業績が上がっていた。現在はフリーランスライターとして活動中。得意ジャンルはビジネス、恋愛、心理学。好きなものは映画とインスタ映え。