自分でできるエアコンクリーニングのやり方を解説!プロに任せるべき場所はどこ?

エアコンクリーニング 自分で

暑さ、寒さが気になる季節に欠かせないエアコンですが、メンテナンスはしっかり行っていますか?今回は自分でできるエアコンクリーニングのやり方や注意点を解説!さらに手軽に依頼できるエアコンクリーニングサービス11選も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

エアコンはどうして汚れるの?

エアコンクリーニング 自分で

きれいに見えるエアコンでも、カバーにはほこりが溜まっていて内部はカビだらけ……!なんてことも少なくありません。

エアコンを効果的に使うためには、エアコンのお手入れが重要なポイントです。

そこで今回は、NPO法人日本ハウスクリーニング協会に所属するハウスクリーニング士・竹村茂樹先生と阿部勝利先生の監修のもと、自分でできるエアコンクリーニングについて解説します。

教えてくれる人日本ハウスクリーニング協会

日本ハウスクリーニング協会大阪校認定優良企業であるジェイ・プラネットの代表。日々、お客様の立場を考え、かゆいところに手が届くハウスクリーニングサービスを提供している。

教えてくれる人ハウスクリーニング協会 指導員

NPO法人日本ハウスクリーニング協会の指導員であり、おそうじエンジニアリング代表を務めるハウスクリーニング士。 大手エアコンメーカーに10年勤務した経験から、エアコンの仕組みを徹底的に理解したうえでの細部に拘ったクリーニングを得意としている。

まずはエアコンが汚れる原因からチェックしてみましょう。

エアコンが汚れる原因

エアコンが汚れる主な原因は『ほこり』と『カビ』です。

エアコンは室内の空気を吸って、エアコン本体の中で温度調整を行い室内に送風しています。
そのため空気を吸い込むたびに、エアコンのフィルターにはほこりが溜まっていきます。

また温度調整をする際、エアコンの内部で結露が発生し湿度が上昇。
ジメジメとした環境を好むカビが内部で発生して、溜まったほこりを温床に繁殖してしまうのです。

竹村茂樹先生
エアコンを使う限りは汚れは避けられません。
適切なクリーニングを行わないと、ほこりやカビがどんどん溜まってしまいます!

エアコン汚れを放置していると……

エアコンに溜まるほこりやカビをそのままにしていると、どうなるのでしょうか?

  • エアコンの効きが悪くなる
  • エアコンの電気代が上がる
  • エアコンが故障する
  • 健康に悪影響を与える

エアコンにほこりが溜まっていると、フィルターが目詰まりを起こしてエアコンの効きが悪くなることもあります。
エアコンが効率的に稼働しないので、電気代も余分にかかるでしょう。
さらに内部のカビを放置していると、エアコンの故障にも繋がります。

汚れの放置はエアコン本体に悪影響を及ぼしますが、実は私たちの体にも害を与えるのです。
エアコンの内部にカビが繁殖していると、エアコンを使うたびに室内にカビをまき散らすことになります。

注意
カビはアレルギーの原因になります。
さらに肺や気管などに影響を与え、場合によっては咳や胸の痛みを引き起こすケースもあるのです。
竹村茂樹先生
エアコンの汚れは放置せず、シーズンごとにクリーニングできれいに取り除くことが大切です。

エアコンクリーニングは自分でできる?

エアコンクリーニング 自分で

エアコンを清潔に保つためには、定期的なクリーニングが必要です。
難しそうなイメージがあるエアコンクリーニングですが、実は自分でも掃除できる部分があります。

自分でできるのはこの3か所
  • エアコンのカバー
  • カバーの下にあるフィルター
  • 吹き出し口周辺とルーバー

カバーの下にあるフィルターは、吸い込んだ室内の空気に含まれるほこりやゴミを取り除いています。
カバーを開ければ簡単に取り外しができるので、クリーニングしやすい場所でしょう。

吹き出し口にあるルーバーは羽状のパーツで、風の向きを調整する役割があります。
使うたびにほこりが溜まる場所で、さらに内部のカビが付着しやすい部分です。

POINT
ルーバーには取り外せるタイプと取り外せないタイプがあるので、クリーニング前に取扱説明書で確認しましょう。

自分でできるエアコンクリーニングのやり方

エアコンクリーニング 自分で

ここからは『カバー』『フィルター』『ルーバー』の3か所のクリーニング方法をご紹介します。
自宅にあるお掃除グッズで簡単にできるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

用意するもの

  • 雑巾
  • 薄手の古布
  • 掃除機
  • 中性洗剤
  • 掃除用ブラシ
  • 割りばし
  • 除菌スプレー
  • 新聞紙
  • 大きめのゴミ袋

エアコンクリーニングの手順

自分で行うエアコンクリーニングは、カバー→フィルター→ルーバーの順で行うと効率的です。

竹村茂樹先生
エアコンの下にテレビや家具がある場合は、汚れがつかないよう新聞紙やゴミ袋をかぶせて養生しましょう。
注意
安全のために、作業を行う前に必ずエアコンの電源を切り、コンセントを抜いてください。 

エアコンカバーのクリーニング

エアコンクリーニング 自分で
  1. 雑巾でエアコンカバー全体のほこりをふき取る
  2. 硬く絞った雑巾で、カバー全体を水拭きする
  3. 落ちにくい汚れは薄めた中性洗剤を雑巾につけてこする
  4. 水拭き→乾拭きの順で仕上げる
竹村茂樹先生
リビングにあるエアコンには、ほこり以外に油汚れもついています。
油汚れは中性洗剤をつかって落としましょう。

フィルターのクリーニング

エアコンクリーニング 自分で
  1. エアコンのカバーを開ける
  2. フィルターを取り付けたまま、表面のほこりを掃除機で吸い取る
  3. フィルターを取り外し、表面→裏面の順に掃除機でこまかなほこりも吸い取る
  4. お風呂場などでフィルターを裏面→表面の順に水洗いする
  5. フィルターの目につまったゴミは、掃除用ブラシでやさしくこすって落とす
  6. よく乾かし、エアコンクリーニングが終わったら元に戻す

ルーバー周りのクリーニング

エアコンクリーニング 自分で
  1. 取り外せるルーバーは、外して薄めた中性洗剤を使用して洗う
  2. 取り外せないルーバーは、割りばしに古布を巻き、薄めた中性洗剤を染み込ませたものを使い汚れをこすり落とす
  3. 吹き出し口の細かな箇所も、古布を巻きつけた割りばしを使って汚れを取り除く
  4. 水拭き→乾拭きの順で仕上げる
エアコンのカビ掃除のコツ
クリーニングの仕上げに、雑巾に除菌スプレーを含ませ拭き掃除をすると、カビの繁殖を抑えられます。
竹村茂樹先生
除菌スプレーはアルコールを含まないタイプを選びましょう。
アルコールには発火の恐れと、結露防止シールを剥がしてしまう可能性があるためです。

エアコンクリーニングを自分でやるときの注意点

エアコンクリーニング 自分で

自分でもできるエアコンクリーニングですが、正しい方法で掃除を行わないと、エアコンの故障や不具合に繋がることもあります。

ここではエアコンクリーニングで気をつけたいポイントを3つ紹介します。

エアコンクリーナーの使用は要注意!

自分でエアコンクリーニングをする際は、エアコンクリーナーという洗剤を使用する人も多いでしょう。

阿部勝利先生
しかしエアコンクリーナーの使用には、注意が必要です!

エアコンクリーナーの種類を間違える可能性がある

エアコンクリーナーには2種類のタイプがあります。

  • ファンクリーナー
  • フィンクリーナー

ファンとフィンはどちらもエアコン内部のパーツですが、それぞれ構造や役割が違います。
例えば吹き出し口から見える汚れを掃除する際は『ファンクリーナー』を使用します。
しかし誤って『フィンクリーナー』を使用してしまう人も多いのです。

阿部勝利先生
洗浄パーツと合わないエアコンクリーナーを使ってしまうと、しっかり汚れを落とせないこともあります。さらに残った汚れやエアコンクリーナーの洗浄液が原因で、エアコンの故障に繋がる可能性もあります。

サビの原因になる

洗い流さないスプレータイプのエアコンクリーナーは、スプレーを当てた時に発生した泡が残り、サビの原因となる可能性もあります。

発火の危険性がある

エアコンクリーナーの洗浄液が、エアコン内部の基盤や配線に付着。
そのまま放置しすると、ショートして発火する危険性があります。

阿部勝利先生
誤って基盤部分に間違ってかけてしまうと完全にNGです!
エアコンクリーナーを「どこまでかけて良いのかわからない」という人も多いため、火事の危険を招いてしまうのです。

自分で行うエアコンクリーニングでは、中性洗剤を使うのがおすすめです。
エアコンクリーナーの使用について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください!

エアコンクリーナーをおすすめしない理由

エアコンクリーナーで思わぬトラブルに?!ハウスクリーニング士に聞いたおすすめしない3つの理由

フィルターやルーバーの破損に注意

エアコンクリーニングでありがちな失敗は『パーツの破損』です。
とくに薄くて折れやすいルーバーや、破れやすいフィルターの扱いには注意しましょう。

ルーバーを無理に取り外そうとすると、割れたり曲がったりする可能性があります。
取り外し方がわからない場合は無理に引っ張らず、取り付けたまま掃除を行いましょう。

フィルターをブラシでこする際に破ってしまうケースも多くあります。
ブラシは毛が細く、やわらかいタイプを使用してください。

内部パーツは取り外し・分解しない

エアコンフィルターの奥には、温度調整をする『フィン』や送風を行う『ファン』があります。
フィンやファンにも汚れやカビが溜まるため「エアコンを分解して徹底的に洗浄したい!」と考える人もいるでしょう。

しかし内部パーツを取り外したり分解したりすると、やり方によってエアコンの故障原因になることもあります。
自分でエアコンクリーニングを行う際は、手の届く範囲のみ掃除をして、取り外しや分解は避けましょう。

室外機やドレンホースのクリーニングは自分でできる?

エアコン 室外機

エアコンは室内にある本体(室内機)と、屋外に設置する室外機がセットになって働きます。

エアコンを効率的に使うためには、本体だけでなく室外機のメンテナンスも行いましょう。

室外機の掃除方法

自分で室外機の掃除をする際は、内部の分解は行わず、外側から手が届く範囲のみ掃除をしましょう。

用意するもの

  • 雑巾・古布
  • 細めの掃除用ブラシ
  • 割りばし

室外機の掃除の手順

  1. 室外機の表面の汚れを水拭きで落とす
  2. 掃除ブラシを使って、吹き出し口やフィンに溜まった汚れをかきだす
  3. 吹き出し口の隙間やドレンホースの口に詰まった汚れは、割りばしに古布を巻き付けたもので取り除く
竹村茂樹先生
ドレンホースの口にストッキングなどを巻き付けて、害虫の侵入を予防しているケースが見られます。
しかしストッキングは目が細かいため、水詰まりの原因になります。
害虫侵入防止のためには、ホームセンターなどで購入できる市販の「防虫ドレンキャップ」の使用をおすすめします。
エアコン 室外機

エアコンの室外機の音がうるさい!対処法や自分でできる掃除方法をご紹介

室外機の内部のファンやドレンホースの内側は、素人では掃除が難しい場所です。
ただし放置していると、ファンやドレンホースの中にも汚れが蓄積します。

せっかく自分でエアコンや室外機をクリーニングをしても、内部パーツが汚れてしまったら意味がありません。

竹村茂樹先生
そこでおすすめなのが、エアコンや室外機、ドレンホースの内部の汚れまで一掃できるエアコンクリーニングサービスの活用です!

エアコンの内部までピカピカ!クリーニングサービス10選

エアコンクリーニング 自分で

プロのエアコンクリーニングに依頼すれば、エアコンを分解して内部までしっかり洗浄してもらえます。

手軽にエアコンクリーニングを依頼するなら、ココナラミーツがおすすめです!

ココナラミーツのエアコンクリーニング
  • 自分の予算や希望のクリーニング内容によってサービスが選べる
  • 依頼前に料金や作業内容、当日の流れがわかる
  • チャットで気軽に相談できる

今回はココナラ編集部おすすめのエアコンクリーニング10選をご紹介します。
自分では難しいエアコン内部のメンテナンスに、ぜひ活用してください!

【この記事の監修者に相談】リピーター多数!植物洗剤でお子様お年寄りも安心!

【コロナ対策店】ハウスクリーニング士1級資格!クリーニングは、複数台がお勧め!OK

【この記事の監修者に相談】ハウスクリーニング士がエアコン内部を徹底洗浄

元エアコンメーカーダイキンに10年勤務!ダイキンエアコンは当店へ!動物いてもOK

親切・丁寧なエアコンクリーニング!天然植物洗剤で洗浄

日本ハウスクリーニング協会◎損保加入済みです◎

エアコンのすみずみまで徹底クリーニング!安心・満足をお約束

☆エコ洗剤利用で安心☆抗菌コート仕上げ無料☆2台15000円☆3台22500円☆

可能な限りエアコンを分解!高圧洗浄でクリーニング

エアコンを分解洗浄!カビと汚れを取る◎エアコンクリーニングをぜひお試しください

天然洗剤とエコ洗剤を中心に使うやさしいエアコンクリーニング!

【秋田出身の20代】平日2000円引★全機種対応★消臭抗菌コート無料★エコ洗剤★

洗浄力にもこだわったエコ洗剤を使用!高圧洗浄で汚れを撃退

日本エアコンクリーニング協会員*損保加入済み*親切丁寧にクリーニング致します

ハウスクリーニング士によるエアコンクリーニング!汚れに合わせた洗剤を使用

★エアコン高圧内部洗浄★

女性のハウスクリーニング士が担当!きめ細かなエアコンクリーニング

★必ず女性ハウスクリーニング士訪問★一人暮らしの女性も安心!お掃除機能全機種◎

5000台以上の実績あり!カビや雑菌が繁殖したエアコンもすっきり

◉全機種対応◉【天然植物エコ洗剤】お子様にも安心★防カビサービス★複数台割引有

ハウスクリーニング業務15年!エアコン全機種対応店

クオリティーサービスにこだわったエアコンクリーニング‼︎安心安全なエコ洗剤使用!

エアコンクリーニングは自分で&プロの技も上手に活用しよう

エアコンクリーニング 自分で

エアコンカバーやフィルター、ルーバー周りのクリーニングは、自宅にある掃除グッズで自分でも簡単にできます。
内部のカビや汚れの掃除は、プロのエアコンクリーニングサービスを活用するのがおすすめです。
快適にエアコンを使うためにも、ほこりやカビは放置せず、シーズンごとにクリーニングをして清潔な状態を保ちましょう。