独学で英会話のスキルアップ!スムーズに話せるようになるには?

独学で英会話のスキルアップ!スムーズにに話せるようになるには?

独学で英語を話せるようになりたいけど、何をやったらいいか悩んでいませんか?いくつかのポイントを押さえれば、英語のスキルを上げることは可能です。本記事では独学で英会話のスキルアップを目指すための具体的な勉強法を解説します。

英会話の勉強法で大切なこと

英会話の勉強法で大切なこと

英語の勉強をする際は、自分のレベルを把握して、目指すゴールを決めましょう。
モチベーションを保って英会話の学習をするために大切なことを紹介します。

自分の英語レベルを知る

英会話の勉強を始める前に、まず自分の英語力がどの程度なのか把握しましょう。
レベルを知らないまま勉強を進めるのは、もやがかかった道を車で走るようなもの。
自分の現在地を知ることが、英語の勉強を始める第一歩になります。

レベルを知るためには、TOEICや英検などの試験を受けると第三者目線の数値がよくわかります。
スキルを数字で知って、能力をどのくらいまで伸ばしたいのか考える指標にしましょう。

レベルに合った教材を使う

現在のスキルがわかったら、レベルに合った教材を選びましょう。
レベルに合った学習教材を選ばないと、継続するモチベーションが下がってしまいます。
簡単すぎるとつまらなくなり、難しすぎると勉強が嫌になってしまうからです。

目安としては、問題集をパラパラ見て6~7割理解できる程度が理想といわれています。
試しにレベル別の単語帳をひらいて、参考書をいくつか見てみましょう。
たいていの英語学習教材は初級、中級、上級にわかれています。
レベルに見合ったものを選択することが、モチベーションの維持につながりますよ。

大きな目標と小さな目標を立てる

英会話の学習を通してどうなりたいか、最終的な目標を立てるのもおすすめです。
その際に大きな目標と小さな目標の2つを立てましょう。

2つ立てる理由は、大きな目標だけだと今の自分とは程遠い状態のため、途中で挫折してしまうからです。
直近で達成できそうな、小さな目標をもう一つ追加するのがモチベーションを保つコツです。

目標の例
大きな目標:英会話を勉強してどうなりたいか(カナダでワーキングホリデーをする)
小さな目標:そのために、直近で何をするか(まずはTOEICで600点を目指す)

上記のようなイメージで、将来どうなりたいかと、そのために今やるべきことの2つを考えましょう。

繰り返しコツコツ勉強する

英会話の勉強は、繰り返しコツコツやることが一番の近道です。
1週間のうち1日を勉強に使うよりも、毎日数十分英会話に触れるほうが、習得スピードが上がるといわれています。
毎日何時間も勉強する必要はないので、通勤時間や待ち時間を活用してなるべくたくさん英語に触れましょう。

毎日英語に触れるためには、アプリや参考書、ラジオなど複数のツールを使うのがおすすめです。
電車の中では参考書、歩いているときはラジオなど、どのシーンで何のツールを使うか決めておくと便利ですよ。

独学でできる英会話の勉強法

独学でできる英会話の勉強法

具体的な独学の英会話勉強法をお伝えします。
単語・文法、発音、リスニングなど、項目別におすすめの教材も見ていきましょう。

単語、文法を知る

英語をスムーズ に話すためには、単語と文法の学習が必須です。
学習の際は繰り返し覚えて暗記するのがもっとも効率的なので、スキマ時間をうまく活用しましょう。

おすすめはiKnow!やMikanなどのアプリを使った学習。
ゲームアプリと同じような感覚でサクサク進められて、適切なレベルを選択すれば嫌にならず進められます。

また単語のテキストとして有名なキクタンもおすすめです。
リズミカルな音楽に合わせて単語が流れて、実用的なフレーズも暗記できます。
どの教材を使うか迷っている人は、参考にしてくださいね。

発音をマスターする

英会話をするうえで重点的に勉強したいのは「発音」です。
英語は日本語にない独特の音を持っているので、何度も聞いて耳を慣らす必要があります。

たとえば日本語の「らりるれろ」の音は、英語だとLとRの2種類にわかれます。
LとRを正しく区別できないと、せっかく単語を覚えても外国人に理解してもらえません。
その他にも単語が連続すると音が消えたり、アルファベット通りに発音しない単語もたくさんあります。

発音学習におすすめの教材は、日本語のひらがなを使ったわかりやすい説明に定評がある「あいうえおフォニックス」。
さくっと本を読みたい人は、発音のルールを5つにまとめた「5つの音声変化がわかれば英語はみるみる聞き取れる」も参考になりますよ。


リスニングの練習

一通り単語や文法を覚えたら、リスニングの練習を始めましょう。
リスニング練習のコツは、日本語に訳さず英語のまま理解すること。
やり始めは難しいですが、回数を重ねると英語のままでも内容がわかるようになります。

リスニングの力を飛躍的に上げるなら、ニュースラジオやアニメ、ドラマを活用しましょう。
英語圏でそのまま使われている英語を聞き取れるようになれれば占めたものです。
ネイティブの話すスピードについていくのが難しいと感じたら、子供向けのアニメを見ると易しく感じられますよ。

自分が知っているおとぎ話なら内容がある程度わかるので「この表現は英語だとこの単語を使うのか」という学びにもつながります。

スピーキングの練習

ある程度単語と文法を身につけたら、自分で英語を発信する練習です。
英会話のフレーズに特化したテキストや音源を使って、頻出フレーズを習得しましょう。

日本語でよく使うような「そうなんだ(英語だとDid you?)」「すごいね!(英語だとCool!)」などのフレーズを使えるようになると、会話の幅がぐんと広がります。

そしてスピーキングする際は、自分の話す英語を録音して聞き直すことをおすすめします。
お手本と聞き比べて、ネイティブに近いかどうかチェックしましょう。

会話で実践を積む

英会話スキルを底上げするには、会話で実践を積みましょう。
実際に外国人と会って話すことで、すぐに英語の文章を作る力を鍛えられます。
自信がないときは、日本人の講師や日本語を話せる海外の人に頼むといいでしょう。

たとえばオンライン英会話に入会したり、個人レッスンを頼んだりするのがおすすめです。
英会話をするときは、相手と話そうとする気持ちが大切です。
一生懸命コミュニケーションを取ろうとすれば、相手も優しく教えてくれますよ。

英語学習の効率を上げるならココナラミーツ

 英語学習の効率を上げるならココナラミーツ

身近に英会話を実践できるものがないときは、ココナラミーツで練習してみませんか?
英語に精通した人と、楽しく話しながらスキルアップできますよ。
ココナラミーツに登録している英語レッスンの出品者を紹介します。

バイリンガルと英会話

英会話を始めませんか?

名古屋で英会話

英会話レッスン

発音から始める英会話

上智生と英会話

依頼手順

手順①:依頼する人を探す
ココナラミーツで依頼する人を決めていきましょう。
予算、地域、プロフィールから選ぶことができます。
また、依頼する前に、出品者と無料で質問・相談のチャットができます。
条件を確認したり、あなたの希望を伝えてみてくださいね。

手順②:予約リクエストを送る
依頼する人が決まったら予約リクエストを送りましょう。
チャットルームで日程調整を行い、予約日時が確定したら予約完了です。

手順③:サービスを体験する
事前に約束した場所で待ち合わせをして、サービスを受けてください。

毎日コツコツ英会話を勉強しよう

毎日コツコツ英会話を勉強しよう

独学でできる、英会話の勉強法について解説しました。
学習を始めるときは、大目標と小目標を立てて、自分のレベルにあった教材を使うことが大切です。
また独学を進める際は発音やリスニング、スピーキングの練習を繰り返し進めましょう。

慣れてきたら、オンライン英会話や個人レッスンを活用してどんどんアウトプットすることをおすすめします!
英語は最初こそ苦労しますが、続ければどんどんできるようになっていくものです。

コミュニケーションが取れるようになると、もっとやりたい気持ちが出てきますよ。
あきらめずに毎日コツコツ勉強して、スムーズに話せる状態を目指してくださいね。