「プログラミングって何?」と子どもにきかれたら|無料の子ども向けアプリとプログラミングで身につく力を徹底解説!

プログラミング 子ども レッスン

2020年に小学校で必修になった、プログラミング教育。本記事では「話には聞いているけど、一体なにが身につくの?たくさんアプリがあるけど、どれを選んだらいいの?」という疑問にお答えします。プログラミング指導経験のある元教師からみた、お子さんへの声かけと継続のコツも合わせてご紹介!

プログラミング学習で子どもが身につけられる力とは?

プログラミング 子ども レッスン

「IT化が進んでいるとはいえ、子どもの頃からプログラミングを学ぶ必要って何?」と思われる方も多いかもしれません。
IT化・AI化がどんどん進んでいく時代にIT機器に親しんでおくことは、もちろん武器になります。
どのような職業だったとしても、ITの知識があるかないかで、活躍の場が変わるのは確か。

だからといって、急にコーディングの実践から始めなさいという訳ではありません。
小学校で必須化された理由を踏まえて、プログラミング教育で身に付く力をご紹介します!

プログラミング的思考

変化が激しい現代では、予測できないものに対応する力を育む必要があります。
そもそも、「プログラミング教育」自体、親世代にはなかったものですよね。
自ら予測して考え、行動する上で、「プログラミング的思考」が役に立ちます。

「プログラミング的思考」によって身につく力としては、

・ゼロから作り出す創造性
・順序立てて考える論理的思考
・問題解決能力

などが挙げられます。

もちろん他の教科でも身につけられるものもありますが、教える側の指導力にどうしても左右されてしまうのが事実。
プログラミングは、子ども一人一人の予測と活動量が多いため、効果的に力を伸ばしてやれる上に、自己肯定感の向上になるといわれています。

プログラムを活用する力

小学校のプログラミング教育では、「コンピューターの基本的な操作」を習得した上で、「積極的に活用する力」を身に着けることを目的としています。

しかし、プログラミングの技術だけを一方的に教えるだけでは、子どもはついてきません。
プログラムを使って何が作れるのか実際に体感してみないと、すぐに飽きてしまいます。

子ども自身の「やりたい!」を引き出すためには、プログラミングの良さに気づいたり、他教科や日常生活との関わりを知ることが助けになります。

他教科とからめた例で言うと、プログラムを使って算数の正多角形を描いたり、データ分析をしたり、音楽でループするリズムを作ったり、といった実践例があります。

もちろん、大好きなゲームを自分で作ったり、紙の上では動かない絵を、アニメーション作品にしたり、といった形でクリエイティビティを発揮しているお子さんもたくさんいます。

子ども自身のやりたいことを形にするために、プログラムを上手に利用していく」といった考え方が大事だといえますね。

無料で学べる!子ども向けプログラミングアプリ

プログラミング 子ども レッスン

プログラミングの面白さは、やはり実践してみなければ分かりません。
無料のプログラミングアプリを利用すれば、手軽に始めることができます。

専門家が開発に関わり、教育現場でも使われているものなので、効率的に楽しくプログラミングを学ぶことができるはずですよ。

Scratch(スクラッチ)

プログラミング 子ども レッスン スクラッチ

出典:ココナラミーツ

Scratchは、命令ブロックを組み合わせてプログラミングするため、キーボードに慣れていない子どもでも操作ができます。

録音した自分の声やリズムを組みあわせて音楽を作ったり、動きをつけてゲームやアニメーション作りをしたりと、できる内容の幅が広いことで人気を集めています。

もともとマサチューセッツ工科大学が作ったプログラミング言語なので、世界中から注目が集まっており、海外の子どもたちの作品を見ることもできます

実際の動きとしては、小学生YouTuber「Kan & Aki’s CHANNEL」の動画が分かりやすいです。

お子さんのScratch指導につまずいたら

「Scratchを子どもがやってみたけど、つまずいている……。うまく教えられない……。」という方におすすめのサービスはこちら!

SE歴15年、子ども向けの指導経験が豊富な現役エンジニアによる安心のサービスです。

Scratchのお悩み解決します お子さんの作りたい!を徹底的にサポートします

手軽なビデオ・テキストチャットで質問できることで、高評価を得ています。

利用者Aさん
非常に前向きにご対応いただけました。ビデオチャットなのでその場で聞きたいことを聞けるのも良かったです。

Viscuit(ビスケット)

Viscuitは、文字やコマンドが一切なく、幼稚園児からでも始めることができます。
子ども自身が描いた絵を動かして、作品づくりができるので親しみやすいアプリです。

シンプルですが、組み合わせによってパズルや迷路などのゲーム、アニメーション、絵本なども作成可能。
他のユーザーが作った作品と共有して、同時に表示することもできます。
同世代の子どもの作品を覗いてみると、モチベーションアップに繋がるかもしれませんね。

Springin’(スプリンギン)

Springin’は、クリエイターよりの内容に特化したプログラミングアプリ
公式サイトでも、「作品をつくってやりとりするプラットフォーム」として押し出しています。

文字を使わないアイコンの組み合わせによるプログラミングで、写真に音をつける、描いた絵を動かす、ゲームを作る、といった活動ができます。

コインを使って作品の売買ができるため、ビジネス感覚が身につくのも面白いところ。
もちろんコインは実際のお金ではなく、自分の作品が売れた時やアプリの起動回数によって得られるアプリ内のコインなので安心です。

Springin’の公式YouTubeチャンネルで、おすすめ作品の紹介やコンテストについての紹介を見ることができます。

GLICODE(グリコード)

GLICODEは、まずは遊び感覚で試したい!というお子さんにおすすめのアプリ
お菓子のグリコらしく、ポッキーやビスコを並べることで、コードが作れるという仕組みです。

流れとしては、ルールに沿って並べたポッキーを写真に撮ることでコードを取得。
組み合わせることで、キャラクターを動かしていくというシンプルな動きから始めます。

実際の動きは、公式の動画をご覧ください。
おやつのついでにプログラミングに親しめるのには驚きです!

効果的なプログラミング学習を続けるコツ

プログラミング 子ども レッスン

パソコンを使った操作は、もともと子どもにとって楽しいものです。
しかし、なんとなくマウスを動かしているだけでは、プログラミング本来の面白さが感じられないかもしれません。

ただアプリを開いて渡すのではなく、ある程度大人側が仕組みを知った上で、予想を立てさせながら取り組ませることで、学習効果が高まります。

視点を変えさせる、他に何パターンの方法があるか考えさせるなど、アプローチの数が多ければ多いほど子どもは伸びます。

とはいっても、プログラミングにあまり触れたことのない方にとっては、子どもにどう声をかけたらいいのか迷いますよね。

筆者は、小学校1年生向けにViscuitを指導することになったのですが、始めは経験がなく戸惑いました。

元教師M
パターンが無数にあるので、指導に困らない程度に習得するには、とても時間がかかりました。
正直、多くの学校の先生がそのような状況かと……。
「確実に身につけたい、発展的に取り組ませたい」と考えているのなら、ご家庭でのフォローが必要だと思います。

プログラミングに関する知識があったとしても、プログラミング教育を受けたことのない世代にとって、子ども向けの指導は手探りなのが事実……。

子どものモチベーションが高まっている初期の段階に、プログラミングの指導経験が豊富なスペシャリストのレッスンを受けることで、習熟度アップが期待できます。

ココナラミーツでは、お子さんだけのマンツーマンレッスンを、手ごろな価格で受けることができます!

オンラインレッスンでは分かりづらい操作方法まで丁寧に指導してもらえるので、習熟度が高くなり、お子さんの進度に合わせてどんどん学ぶことができるのが魅力です。

ミーツマガジン編集部が厳選したサービスをご紹介します!

親子で受講できます!PCの貸し出しも可能!

楽しくプログラミング♪子供向けレッスン!PCの家庭教師!!

利用者Bさん
先生の丁寧なご指導のおかげでスクラッチで悩んでいた息子も理解でき、スクラッチの楽しさが分かったようです。またお願いしたいと思います。

 

Scratchからアプリ開発まで!現役ゲームプログラマーが指導

子供向けのプログラミング指導を行います

プログラミング本の著書をもつ実力派講師によるレッスン!フォローサービスあり!

必須化プログラミング超入門、基礎からスクラッチ、実用言語まで3時間で体験しよう!

プログラミングレッスンで、お子さんの「やりたい」を叶えましょう!

プログラミング 子ども レッスン

子どもを惹きつけるアニメーションやゲーム。
「またYouTubeとテレビゲームばっかり……」とため息をつく前に、お子さん自身が「つくる側」に立てるような機会を作ってみてはいかがでしょうか?

プログラミングに触れることで、ただ受動的にゲームをしているだけでは得られない、クリエイティビティやIC技術が身につくはずですよ!